私とゆる体操の出会い

投稿者: tomokiruk 投稿日:

私とゆる体操の出会い

出会いのきっかけは、睡眠時無呼吸症候群。

医師より「ボクシングの減量のように一時的に痩せても意味がない。生活習慣の改善で、いつしか自然に体重が適正体重になっているように。」と指示される。

毎晩のCPAP(睡眠時の呼吸を補助する治療器)と、毎月病院に通いながら、様々な手法を試行錯誤する。

そんな中、家族が持っていた本で、ゆる体操を知る。抵抗なくゆる体操を始め、寝ゆる黄金の3点セットが自然に習慣化。

寝ながら出来て気持ち良い。熟睡できる。

ゆる体操が楽しくなって、どんどんのめりこんでいきました。

家族の後押しで、ゆる体操の講座に参加。そこでゆる体操指導員に直接指導を受けると、爽快さ、効果が格段に違い、衝撃を受ける。

「ゆる体操指導員の方がやっていたように、自分も正確なゆる体操をぜひとも伝えたい!」の想いと、家族の後押しで、指導員資格取得。

体がゆるむにつれて、心もリラックスして、活力が湧き、いろいろな人との交流が楽しくなり、そのご縁で、ゆる体操教室を開設。

福祉センターでのゆる体操と夜クラスから、スタートしました。

今では、体重も自然に適正に戻り、睡眠時無呼吸症候群も無事解消しました!

「健康」の後は「高能力」

ゆる体操を深めていくうちに、出張指導依頼や教室のコマ数が増え、運動科学に対する知見も増えてきました!

カテゴリー: ブログ

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です