運動不足解消に、動画をうまく活用するには

投稿者: tomokiruk 投稿日:

自宅の中での時間、運動不足解消に、
動画を有効活用しませんか!

自宅でも出来る、ゆる体操(動画)
http://www.yuruexercise.net/japan/movie.html
運動不足解消・疲労をスッキリ取る・気持ちのリラックス

私が実際にどういう時に動画を使っているか・・・
それは、ルーチン化補助です!

ゆる体操は、やり出すと気持ちよくリラックスしだすので、
ストレスなくルーチン化しやすいんです。

<毎朝のルーチンにする>
朝と午後に体操する時間を決めて、
動画を見ながら体操する

<疲労で思うように動けない時>
疲労でモチベーションが低下しているので、
動画を流して、初期動作の機動力として活用して
疲労回復のゆる体操をする

<寝る時のルーチンに>
布団でスマホで遊んでる時に、
ゆる体操の動画をねじ込んで
ルーチン形成に利用する

代表的なゆる体操、ふくらはぎ膝コゾコゾ体操(膝コゾ)をご紹介します。

ふくらはぎ膝コゾコゾ体操の動画は、こちら>>

●膝コゾのやり方
<注意> 力を入れたり、強くこすりつけたり、リズムに乗ってスピーディに動かしたりはダメ!危険な上、効果も得られません。
<注意> 服装は原則的に長ズボンとする。短パンなどふくらはぎと膝が露出している服装で行う場合、長いストロークでは皮膚がずれ合うことで擦過傷の痛みが生ずる危険があるため、皮膚がずれ合わないように留意しつつ特別に短いストローク(3cm前後)でやることが不可欠である。
・できる限り全身、特に上になった脚のふくらはぎと前もも周辺、足首周りの力を充分に抜く。
・短いストローク(5cm前後)を主に、時々長短色々なストロークで、ゆっくりていねいに、気持ちよさ・痛気持ちよさを感じながら動かす。
・「コゾコゾ」とつぶやきながら動かすとさらに効果が高まる。

●膝コゾを行う機会と時間
・朝晩一日に2回寝床で行うのが基本。それ以外に、職場・学校・家庭で仕事や学業の合間に、一日2〜3回やりたいと思った時に行なうのも良い。
・スポーツ・筋トレ・ダンス・ヨガなどのウォームアップやクールダウンに使うのも良い。
・1回あたり両脚合わせて最短2分〜最長10分を目安とする。
(http://www.yuruexercise.net/japan/message01.html)

これらの体操についてさらに詳しくお知りになりたい方は
究極のローコスト・ハイリターン体操“寝ゆる黄金の3点セット”

その他、いろんな活用が出来るので、
是非使って見てください!

~しっかりと時間をとって、体操をしたい方に~

<Skype やさしいゆる体操初級教室>

skypeの画面を通して、一緒に1時間

ゆる体操をしましょう!

 料金:2,000円(1時間)

メール送信、skype利用時等の際にかかる通信費はご負担ください。

お気軽にお問い合わせください

E-mail: yuru.ogyu@gmail.com

荻生ゆる体操教室
佐々木

カテゴリー: ブログ

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です