「ゆるめる」と「脱力」

投稿者: tomokiruk 投稿日:

「ゆるめる」は、固まった体を緩解(かんかい)ときほぐすこと。
「脱力」は、ゆるんだ体を土台とした、高度な体づかい。
その話題です。

自分の体を注意深く観察していると、
不必要に固まっている部分が見つかります。

ぴんとこない場合は、肩こりや腰痛を思い出してみてください。
座りっぱなし、立ちっぱなしの作業や長時間のパソコンなどで肩や腰がカチカチに固まりませんか。

腰痛、肩凝りが仕事のパフォーマンスを下げてしまいます。

「現代人の体はストレスや疲労などでこり、固まってしまっています。体が固まると、痛みや冷え、不快感や不機嫌の原因となったり、新陳代謝が妨げられて老化が進んだり、ひいては病気の原因にもなります。」
「ゆる体操とは」
https://www.undoukagakusouken.co.jp/about_yuru.html

そこで、ゆる体操!

ゆる体操を行うと、固まったからだを上手にゆるめることができます。すると体のコリや冷えがスッキリ解消し、血液や体液の循環が良くなり、深い呼吸ができるようになります。新陳代謝が活発になりますから、体が元気に、見違えるほど若返ります。心も体もリラックスしてきます。(>>大学等の研究機関と共同で行った多数の測定実験で、ゆる体操の優れた健康効果が実証されています。)

ゆる体操で固まったからだをゆるめると、

 ・体のコリや冷えがスッキリ解消し、
 ・血液や体液の循環が良くなり、
 ・深い呼吸ができるようになります。
 ・新陳代謝が活発になりますから、
 ・体が元気に、見違えるほど若返ります。
 ・心も体もリラックスしてきます。

ですので、パフォーマンスも自ずと回復します。

「ゆるめる」ための動き、「ゆるめる」という動作は、
動画を見たり、やってみると分かりやすいと思います。

ゆる体操無料動画
http://www.yuruexercise.net/japan/movie.html

これが、「ゆるめる」という事です。

次に「脱力」について、公式サイトから引用します。

ここで声を大にして申しておきますが、私のいう脱力というのは
「立てなくなるほど力を抜く」という意味ではありません。

身体運動の各局面で、まさにその瞬間に身体を支える、
あるいは身体運動を遂行するのにもっとも少ない筋出力で行えている状態
というのが、私のいう脱力のできている状態なのです。

わかりやすくいえば、ただふつうに立っているときに
もっとも少ない筋出力で立っているのが、脱力した状態といえるのです。

したがって、私のいう脱力というのは筋出力をしているのです。

「究極の身体の水準で考える脱力」
https://www.ultimatebody.jp/rensai019.html#3jikanme2

このように、「脱力」は、高度な体の使い方の中に出てきます。
自分の普段のパフォーマンスが出来るように回復させる話ではなく、
高度な体づかいを身につける話です。

脱力を育むエクササイズは、ゆる体操の先にある「ゆるトレーニング」で出てきます。

ゆるトレーニング
「からだづくりを通じて心身ともにレベルアップ、毎日の暮らしと仕事をあらゆる方向から快適に」
ゆる体操に加えて、柔らかい身のこなし、疲労しにくいからだづくり、センター(体軸)のある動きを養成するゆるトレーニングを学びます。
http://www.undoukagakusouken.co.jp/YT.html

ゆる体操で「ゆるんだ体」を土台として、柔らかい身のこなし、疲労しにくいからだづくり、センター(体軸)の動きの養成。
そこで脱力が出てきます。

ですので、「固まった体」をゆるめる、ゆる体操では、
「脱力」については、ひとまず、脇に置いておきましょう。

ゆる体操では、力を抜くことを「ダラ〜ッと」という擬態語で表現しています。

「ゆる体操」は、どの体操でもダラ〜ッとが基本です。決して「きちんとやろう」と思ったり、「よし、ダラ〜ッとするぞ」と頑張らないでください。自然にダラ〜ッと、だらしなくダラ〜ッと、限りなくダラ〜ッとやる。それが大きなリターンにつながるのです。
究極のローコスト・ハイリターン体操“寝ゆる黄金の3点セット”
http://www.yuruexercise.net/japan/flooryuru_g3piece05.html

ゆる体操も続けていると、疲労しづらい、なめらかな身体づかいに変わっていきます。

まずは一緒にゆる体操に取り組みましょう!

ゆる体操初級教室 <個人レッスン(2名利用可)>
https://yuru-ogyu.com/

荻生ゆる体操教室は、安心してご利用いただけるよう、新型コロナ対策に取り組んでいます。


2件のコメント

ゆる体操では何を目指すの? | 荻生ゆる体操教室 (富山県黒部市) · 2020年6月5日 5:16 PM

[…] 前回の記事「ゆるめる(脱力)の意味をちゃんと知っておこう」に引き続き、 公式サイトから見ていきます。 […]

ゆる体操の一番のコツ | 荻生ゆる体操教室 (富山県黒部市) · 2020年8月14日 11:17 AM

[…] 「ゆるめる」と「脱力」のブログでもご紹介しましたが、 ゆる体操の一番のコツ、肝は、これです!! […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です