ゆる体操を続けるとどんな良い事があるの?

投稿者: tomokiruk 投稿日:

前回の記事「ゆるめる(脱力)の意味をちゃんと知っておこう」に引き続き、
公式サイトから見ていきます。

「さて、ここで一度話を整理しましょう。
まず〝究極の身体〟を構成している筋肉や骨がどうなっているかという話です。
それはひと言でいうと筋肉はより筋肉らしく、骨はより骨らしく、内臓はより内臓らしく
ということになります。」

「ではそのより筋肉らしい筋肉の性質とはどんな性質なのか。それはより柔らかくなったり、より硬くなったりする筋肉です。つまり硬くなるときはとことん硬くなって、柔らかくなるときは思いっきり柔らかいという、硬軟のコントラストが非常に激しい性質の筋肉です。

この場合、筋肉の強さとの関係がとても気になると思いますが、これは非常に大事な問題です。ひと言で〝究極の身体〟といっても、相撲取りが〝究極の身体〟を持った場合と、そば打ち職人や美容師、漆塗り職人などが〝究極の身体〟を持った場合とでは、おのずから必要な筋力が違ってきます。きめ細かな工芸品を作る名人中の名人が〝究極の身体〟に近づいたとき、体重が200kg級の相撲取りと同じ筋力があるわけがないし、必要もありません。したがって筋力というのは、より筋肉らしい性質を語るうえでの条件には入らないのです。」

(書籍連載 『究極の身体』を読む 身体の中心はどこにあるのか より引用)
https://www.ultimatebody.jp/rensai012.html

ゆる体操の目指す先は、これです。

つまり、闇雲に筋肉量を増やすことでは無く、
「使える体、最適化された体」を目指しています。

ゆる体操で体をゆるめることで、
「筋肉はより筋肉らしく、骨はより骨らしく、内臓はより内臓らしく」なり、
体づかい、動きが筋肉、骨格などの構造にフィットした自然で滑らかなものになります。

疲労しづらい体。滑らかな身のこなし。

体のコリやこわばり、ゆがみが取れ、血液や体液の循環が良くなり、深い呼吸ができるようになります。
新陳代謝が活発になりますから、体が元気に、見違えるほど若返ります。心も体もリラックスしてきます。

体を操ることが、大変気持ちいい状態になっていき、
普段の動き、専門にしている分野のパフォーマンスがアップしてきます。

ゆる体操は、一見簡単な体操ですが、非常に考え抜かれたプログラムになっています。

ゆる体操の開発者である高岡英夫氏は、
身体運動の専門的研究・実践者として世界中で行われている様々な方法、
武術・ヨガ・呼吸法・気功法・様々な体操法・ストレッチ・ウォーキング・
筋力トレーニングなどを研究した上で、それらの良い所を生かし、

さらに細胞動物から脊椎動物にいたる動物の身体についての運動進化論的な
研究成果を加えて総合的な体操法の体系をつくりました。これがゆる体操です。

ゆる体操「極限的にシンプルで容易な体操」
http://www.yuruexercise.net/japan/message01.html

荻生ゆる体操教室
佐々木智生 (富山県黒部市の体・パフォーマンス研究家)

(おまけ)
厚生労働省より、新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」が公表されています。

体操教室としてどう対応できるか考えました。
荻生ゆる体操教室からのご提案です。

・「コロナ不安・疲労軽減に!」「家で出来る」ゆる体操 無料動画 (公式サイト)
http://www.yuruexercise.net/japan/movie.html

・Skypeでオンライン指導 (荻生ゆる体操教室)
https://yuru-ogyu.com/

・すいた時間、場所の公園を活用して、ゆる体操するのも気持ちよさそうで良いですね!


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です