集中力が足りない訳ではない、体の仕組み

投稿者: tomokiruk 投稿日:

肩こり、首コリ、腰痛、あくび、集中力低下。

デスクワーク、学校での授業でありふれた風景です。
「集中力が足りないからだ」と言われることも多々ありますが、

集中力が足りない訳ではなく「体が固まっているから」

と言う科学的な視点があります。

(PRESIDENT 2010年7月19日号 運動科学総合研究所所長 高岡 英夫氏 より抜粋)

「これは固まった身体が脳の働きに悪影響を及ぼし、とっさの判断力や瞬発力を鈍らせているのだ。しかも、緊張を強いられる場面に限らず、疲労などで慢性的に身体が凝り固まっていると、脳機能も低下してしまうものなのだ。だとすれば、身体の凝りを取り除いてゆるめれば、脳の働きや思考力を高めることができるのではないか。賢明な読者はすでにお気づきだと思うが、まさにその通り。その証拠にいかなる分野でも優れたパフォーマンスを見せている人は例外なく、身体がゆるんでいる。」

https://president.jp/articles/-/6795

「集中力の低下」の指標が、「体が固まっている」とすれば、何とか対処はできそうです。

パソコン作業をする人の首肩、背中、腰が強く固まっていることは、
マッサージ業界でも有名な話です。

肩や首を回したり、伸びをしたりだけでは、なかなか集中力は戻りません。

そこで、固まった体を上手にゆるめてくれる、ゆる体操。「ゆする」と「ゆれる」「ゆれる」と「ゆるむ」のです。

職場や学校の椅子で出来るおすすめエクササイズがあります。
無料動画ですので、ぜひ試してみてください!

坐骨モゾモゾ座り
http://www.yuruexercise.net/japan/movie_mozo_sitbone.html

動画で言われている通り動かすと、不思議と上半身が緩みます。

背もたれ首モゾ(背もたれ首モゾモゾ体操)
http://www.yuruexercise.net/japan/movie_mozo_neck.html

この体操は、初級の場合、ソファーなどの背もたれが丸く厚みがある、どっしり安定した椅子で行ないます。椅子やバランスに不安がある場合は、坐骨モゾモゾ座りが安全でおすすめです。

私自身、事務作業の合間には、この体操で脳疲労をこまめに取るように心がけています。

手首スリプラ体操
http://www.yuruexercise.net/japan/movie_pura_wrist.html

さすり方が上達すると、さするだけで体がゆるんできたり、ゆらす動作のコツが分かると、どんどん芯からゆるんできたりします。この体操を身につけると、いつでも何処でも手軽に回復するスキルになります。

そして、最高のリラクゼーション「寝ゆる黄金の3点セット」


寝転がりながら、快適に疲労解消出来る、おすすめの体操です!

膝コゾコゾ体操(ふくらはぎ膝コゾコゾ体操)
https://yuru-ogyu.com/2020/06/29/hizakozo/

荻生ゆる体操教室では、個人レッスンを再開しています。
こちらも、ご活用ください。

ゆる体操初級教室
教室で個人レッスン
https://yuru-ogyu.com/#class

Skypeでレッスン
https://yuru-ogyu.com/#online

  

荻生ゆる体操教室
NPO法人日本ゆる協会公認ゆる体操準指導員1級   佐々木智生
https://yuru-ogyu.com/


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です