ゆる体操が究極的に目指しているベクトルとは

投稿者: tomokiruk 投稿日:

image_print

「この『究極の身体』という本は、人間の身体というものがどれほどにすばらしいメカニズムを持っていて、それを開発するということはいかに希望があるかということを、人間の進化の歴史、そして精密なバイオメカニズムというものを通して明らかにしていったものです。」
「究極の身体を読む」(究極の身体&究極の意識)より

「ゆる体操の開発者である高岡英夫は、身体運動の専門的研究・実践者として世界中で行われている様々な方法、武術・ヨガ・呼吸法・気功法・様々な体操法・ストレッチ・ウォーキング・筋力トレーニングなどを研究した上で、それらの良い所を生かし、さらに細胞動物から脊椎動物にいたる動物の身体についての運動進化論的な研究成果を加えて総合的な体操法の体系をつくりました。これがゆる体操です。」
ゆる体操とは(運動科学総合研究所)より

「この、一日の疲れが根こそぎ取れていく感じが、いいよね」
「膝コゾにはまる夫婦のある日の会話」(YURU EXERCISE)より

「ゆる体操は、運動科学者高岡英夫が「身体には希望がある」を基本コンセプトとし、身体から出発して世界平和を希求しその実現に貢献することを目的に開発した、健康効果・高度能力開発効果を中心とした多方面の効果を有する体操法の体系で、多くの実践者や医師・医学者・科学者などの専門家から「世界一ラクで簡単で広く深い効果を持つ体操」との評価を受けてまいりました。」
(YURU EXERCISE)より

荻生ゆる体操教室


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です